本・冊子の格安印刷なら【本の印刷工房】
本・冊子の印刷なら【本の印刷工房】

お問合せは【株式会社黒須印刷 内】

TEL.029-873-0605

大扉と目次(目次自動作成機能の一部を使用)の作成

 

大扉、目次のフォント・書式の設定

巻頭部に大扉と目次を作成します。大扉は通常、先頭ページに本のタイトルや著者名など(表紙と同じ内容)を記載します。目次は総ページ数や記載項目により何ページを使うかはまちまちですが、ここでは2ページを使うこととします。


大扉の作成

  1. 大扉用、テキストを入力

    グリッド線を表示させセクション1の2ページ目に、空白行を7行挿入後に本のタイトル、著者名を入力します。改行マークも含めテキストを「標準,●●●-本文」スタイルを適用します。

    MS Word冊子 大扉の作成1

     

  2. フォント、サイズを設定

    テキストに任意のフォントとサイズを指定します。(改行マークはそのまま)ここではタイトルを「平成明朝体W7/26pt」、著者名を「同フォント/18pt」としました。

    MS Word冊子 大扉の作成2

     

  3. センターに配置

    次にこの1行を紙面センターに配置します。タイトル行直前の改行マークを一つ選択し、「ホーム」タブ>「段落」グループ右下の四角をクリックします。「段落」ダイアログが開きました。「インデントと行間隔」タブ>「間隔」の「行間:」を「固定値」、「間隔:」を「30pt」と入力し「OK」ボタンをクリックします。タイトルがセンターに移動しました。グリッド線を目安に確認してください。ズレているようであれば再度「間隔」の値で調整してください。

    MS Word冊子 大扉の作成3

     

目次の作成

  1. 目次の自動作成

    MS Wordには目次の自動作成機能が備わっています。ここではその機能の一部を使って目次を作成します。前項「見出し「章題」をスタイル登録」で作成したスタイル「見出し1,●●●-章題」が適用されたテキストを抽出し目次として書き出します。この作業は本文の編集が全て終了し「見出し1,●●●-章題」が適用された「章題」があることが前提です。
    まず、セクション1の3ページ目先頭にカーソルを入れ「参考資料」タブ>「目次」ボタンをクリックしプルダウンメニューの「自動作成の目次2」をクリックします。

    MS Word冊子 目次の自動作成1

     

    下図のように「見出し1,●●●-章題」が適用された「章題」とそのページ番号が作成されました。MS-Word2010の場合この後の書式を整えるにあたって不具合があるようなので、自動作成機能を使うのはここまでとます。
    自動作成されたテキストを選択しコピーします。

    MS Word冊子 目次の自動作成2

     

    下図のように自動作成目次の左側にカーソルを入れ、右クリックで「貼り付けのオプション」>「テキストのみ保持」アイコンをクリックします。

    MS Word冊子 目次の作成1

     

    通常テキストの目次がペーストできたので、自動作成された目次を削除します。目次上部左側の「目次」アイコンをクリックし、プルダウンメニュー最下部の「目次の削除」をクリックします。

    MS Word冊子 目次の作成2

    ※MS Word 2010では自動作成した縦書きの目次のページ番号を「縦中横」にすることができないようです。本来、自動作成した目次をそのまま使用できれば、本文の訂正などでページがズレた場合、目次のページ番号も「更新」ボタンのクリックだけで修正することができます。

     

  2. 目次の書式を整える

    目次全体に一度「標準,●●●-本文」スタイルを適用します。まず目次の全項目を選択し、「ホーム」>「段落」グループ右下の四角をクリックします。

    MS Word冊子 目次の作成3

     

    「段落」ダイアログが開きました。「インデントと行間隔」タブ>「インデント」の「文字列の前」を「3字」、「間隔」の「行間」を「固定値」、「間隔」を「36pt」とします。次にダイアログ左下の「タブ設定」ボタンをクリックします。

    MS Word冊子 目次の作成4

     

    「タブとリーダー」ダイアログが開きました。「タブ位置」を「38」、「配置」を「左揃え」、「リーダー」を「(3)」として、「設定」ボタン、「OK」ボタンを順にクリックします。続いて「段落」ダイアログの「OK」ボタンもクリックします。

    MS Word冊子 目次の作成4 リーダーケイ

     

  3. ページ番号の縦中横設定

    目次の書式が整いましたが、ページ番号が横向きままです。ページ番号を選択し「ホーム」タブ>「段落」グループ>「拡張書式」>「縦中横」をクリックします。「縦中横」ダイアログが表示されますので、プレビューを確認して「OK」をクリックします。この作業は1箇所づつ繰り返し行うしかないようです。
    以上で巻頭部が完成しました。

    MS Word冊子 目次の作成5 縦中横

     

  4. 巻頭部の完成

    下図がここまでの作業で完成した巻頭部です。

    MS Word冊子 巻頭部の完成

     

  1. ホーム   >
  2. 印刷原稿入稿ガイド   >
  3. 大扉と目次の作成

本の印刷工房メニュー

ページのトップへ戻る